のぼりを注文するときの注意点

のぼりの色についての注意点

のぼりの注文をする際に注意しておきたいのは、そのデザインが集客や広告の効果を上げるものかどうかということです。まず、挙げられるのは色に関することであり、目立たない色を使うとのぼりの効果がなくなってしまうため注意が必要です。薄い色は、見た目はキレイに感じる場合もありますが、あまり目立たない色でもあるため、のぼりの場合はより目立つ濃い色を使うのが基本だと言えるでしょう。ただし、濃い色の場合も、黒や紺といった暗めの色の場合は夜なってくると目立ちにくくなるため、のぼりを立てる時間帯に合った色を選ぶことも重要になります。また、季節に合わせた色を使うことも大切であり、春はピンク、夏は青といったように、季節感のある色を使うこともポイントになるでしょう。

のぼりの文字についての注意点

のぼりのデザインでは、色だけでなく文字をどうするかということにも注意する必要があります。文字が小さかったり多すぎたりすると、何を伝えたいのかがわからなくなるため、文字の大きさや数のバランスをよく検討する必要があるでしょう。基本としては、割引やセールといった最も伝えたい内容には大きな文字を使用すると良いと言えます。なぜなら、通行人の興味を引くことが出来るからです。また、文字の数に関しては、多すぎると文字が小さくなってしまうため、必要最小限の文字数にすることがポイントです。さらに、フォントについては、例えば、女性向けの広告であれば丸みのあるフォントを使うなど、伝えたい相手に合わせて選ぶのが基本になります。